HOME

防犯カメラについて知ろう!

防犯カメラの活躍場所

防犯カメラの種類

防犯カメラが欲しい!

盗聴器による盗聴方法とは?

盗聴器の見つけ方

盗聴器の種類

当サイトはリンクフリーとなっております。
ご自由にリンクをお貼りください。バナーが必要な方は以下のバナーをお使いください。
リンクを貼る際の管理人への事前のご連絡や、許可などは必要ありません。

防犯STUDY.com リンクフリーです。

-管理人便り-

どうも管理人です。当サイトでは防犯カメラや盗聴器に関する情報を提供しています。これを機に防犯カメラの大切さや、盗聴器の怖さや対策などを知ってもらえるとうれしいです。今の世の中は簡単に人を殺してしまうほどとても物騒な世の中です。こういった犯罪を防ぐためにも、防犯カメラや盗聴器について知識を頭に入れておきましょう。いざというときのためにお役立てできると幸いです。以上管理人便りでした!


防犯カメラについて知ろう!

最初のページで防犯カメラというものがどういったものなのかということは少しわかっていただけたと思いますが、ここでもう少し防犯カメラにてついてお勉強していきましょう。防犯カメラを設置するということは、犯罪を防ぐための防犯アイテムでもしなんらかの事件や窃盗、不審者や侵入者があった場合に、防犯カメラによって犯人を逮捕!なんてことも出来る防犯機器です。

防犯カメラの用途

防犯カメラというと様々な場所で使われていますが。主にどういったところで利用されているのでしょう。

家庭での防犯カメラ

防犯カメラはいまではコンビニやスーパー、ショッピングセンターだけに限らず、お家で防犯カメラを利用している家庭も増えてきているようです。それはなぜか?って?最初にもお話しましたが、最近では人を簡単に殺してしまうほど物騒な世の中です。そんな犯罪から家族や、お家、自分自身を守るため防犯カメラをつける家庭が多くなったのです。もし、泥棒がお家に侵入してきた場合、防犯カメラがあると進入してきたということが分かりますよね。防犯カメラがお家にあるのとないのとでは大分違ってきます。防犯カメラを家庭に設置するときには、侵入者が防犯カメラだと気づくところに設置したほうが良いと思います。そうすることによって、「この家は防犯カメラがある・・。危険だ・・。この家に進入できない」と感じ侵入者から身を守る事が出来るのです。防犯カメラには、人が近づくとセンサーで明かりがついたり、ブザーがなったりなどする機能のついた防犯カメラもあります。防犯機能がついていると安心しますよね。そういった機能のついた防犯カメラを利用するのもいいと思います。

また、その他にも偽者の防犯カメラを使って、侵入者を防ぐ方法などもあるそうですよ!偽者の防犯カメラだと安いもののあるので、手に入れやすいタイプの防犯カメラかもしれません。

マンションでの防犯カメラ

マンションというといまでは防犯カメラがついていないというところは殆ど少なくなってきているのではないかと思います。マンションは一般家庭に比べると防犯対策がしっかりされているので、不審者が簡単に入るということは出来ないでしょう。なので、マンションは一般の家庭に比べると安心の出来る防犯対策が出来ているということになります。でも、いくら防犯カメラを設置されているとはといっても100%安心できるとは言えません。いつ何が起きてしまうかわかりません。マンションなどの防犯カメラは常に警備会社などで24時間体制で監視しているとは思いますが、警備会社に頼りすぎてしまうのはよくないです。今は自分の身は自分で守らなければいけませんょ!マンションだから不審者は来ない!階層が高いから入られることはないでしょう!なんて思っているそんなあなたのお部屋が意外と狙われやすいんですよ!だから、マンションだしセキュリティーがきちんとされていて、警備会社もついていて、防犯カメラもあるし・・なんて安心して思っちゃいけませんょ!

コンビニやスーパーでの防犯カメラ

防犯カメラは家庭やマンションだけではなく、コンビニやスーパーなどでも防犯カメラは設置されているところが多いです。みなさんもよく知っているかと思います。コンビニやスーパーなどで設置されている防犯カメラは、不審者や侵入者のほかにも、万引きや窃盗などを防ぐために設置しているというところが殆どでしょう。でも、防犯カメラを設置しているにもかかわらず、万引きや窃盗は増えているのが現状のようです。

-注意事項-

当サイトに書かれている内容などは全て個人で情報を収集して作成したサイトです。全ての信頼性や信憑性を有するものではありません。 あくまで参考の一部として掲載しています。また当サイトを利用し何らかの損害や不利益を被った場合には当サイトの管理人はその一切の 責任を負いません.のでご了承ください。当サイトをご利用になる場合には、個人の自己責任のもとでお願いします。